デザインに関する全てのことをお任せ下さい

豊富な経験が作り上げる、良質なデザインを。
デザインのお困り事があればご相談ください。

お見積・ご相談はお気軽にこちらまで

03-5312-6174

受付時間10:00~19:00

HOME > 動画

制作のポイント

PRODUCTION POINTS

POINT

1

動画の有効性

アメリカ国立訓練研究所が提唱する、人は能動的に学習すればするほどその内容が定着するという理論「ラーニングピラミッド」において、視覚と聴覚の両方に訴える「動画コンテンツ」は、テキストと画像による視覚に訴える「記事コンテンツ」の2倍、内容が記憶に残ると言われています。

その豊富な情報量や分かりやすさ、 拡散性などから「動画コンテンツ」はブランディングや商品・サービス紹介、リクルート、マニュアルなど、企業のマーケティングやコミュニケーションツールとして、より欠かせないものになっています。

POINT

2

ターゲットを明確にする

他のコンテンツ同様、動画制作においてもターゲットや用途を明確に設定することは基本的なポイントです。

BtoB」「BtoC」といったことをはじめ、「会社案内」「製品紹介・サービス紹介」「ブランディング」「リクルート」「展示会、イベント映像」「サイネージ」「社員教育」「使い方・マニュアル」など、それぞれの用途によって内容や構成、適したフォーマットや尺などが変わってきます。

POINT

3

時間軸を意識する

動画には時間軸をもとに情報を発信するという性質があります。
常に一定時間でページがめくられ、内容が進行していく本というイメージです。
またページを遡って戻ることも基本的にはできません。
この動画特有のメディア特性を意識することが、訴求力の高い動画制作に欠かせません。

しっかりとしたコンセプトをもとに、動画の冒頭にユーザーの関心を引くキャッチーな映像を配置し、ラストに最も伝えたいメッセージを配置するなど、伝えたい内容に優先順位をつけ、ユーザーの印象に残るような構成が大切です。

POINT

4

内容をコンパクトにまとめる

せっかく動画を制作するのだからと、あれもこれもと内容を沢山詰め込み、伝えたい内容がぼやけてしまったという話をよく聞きます。
その豊富な情報量から、長い尺の動画は視聴者が飽きやすくなるという側面もあります。

動画コンテンツにおいて大切なことは、最後までユーザーに視聴してもらうこと。
基本的に、視聴者の 集中力が続くと言われる3分以内を尺の目安に、内容をコンパクトにまとめることが大切です。

一方例外として、オウンドメディアによる講習会や勉強会での上映といった場合においては、長い尺がより有効となることもあります。

POINT

5

プラットフォームを考える

デジタルデバイスやSNSの発展に伴い、Webの自社ページ、YouTube、Twitter、 Facebook、インスタグラム、さらには営業ツール、イベントや展示会、講習会、 勉強会などオウンドメディアでの上映など、ユーザーが動画を視聴する媒体や環境も多様なものとなっています。

それぞれの媒体やデバイスごとに適した尺、表現方法などが考えられます。
動画制作においては、ターゲットや目的に合わせ、より効果的なプラットフォームを選択していくことも重要です。

POINT

6

ストーリーやテンポを考える

動画制作において、視聴者に最後まで見てもらうために、ストーリー性を持たせたり、テンポが良い展開を意識するのも重要なポイントです。

動画にストーリー性を持たせることは、視聴者の関心や共感を高め、企業とのつながりを形成する上でも有用と考えられています。
ストーリー性を持たせるにあたっては、起承転結を明確に、冗長にならないように注意する必要があります。

また、場面転換やテロップといったビジュアル表現、音楽や効果音といった音声を効果的に使うなど、映像のテンポやリズムを考えることも大切です。

POINT

7

声の説得力を考える

ビジュアルと音声を扱える動画において、人の声は重要なファクターです。

メッセージや内容を説明するナレーションにおいても、男性や女性といった性別をはじめ、声のトーン、抑揚のつけ方などによって視聴者に与える印象は大きく変わります。

また、商品やサービスを実際に使ったユーザーの声や、研究者や開発者のインタビューなど、人の声が持つ共感力や説得力を意識した構成を考えることも重要です。

POINT

8

著作権に留意する

動画制作において、新規撮影した映像やCG、アニメーション動画、フッテージなどの動画素材、写真やイラストといった静止画像素材、BGMや効果音といった音声素材など、さまざまな素材が使われます。

それぞれの素材が、著作権を侵害していないか、プラットフォームによる使用範囲や使用期間などの条件があるかなどを、しっかりと確認することが重要です。

POINT

9

動画制作の流れ

お問い合わせいただいて、お見積もりから納品までの流れをご紹介いたします。
制作の流れについての詳細はこちらをご覧ください。

POINT

10

制作費例

それぞれの媒体の参考価格を目安として掲載しております。是非、参考にしていただければと思います。
制作費例についての詳細はこちらをご覧ください。

無料お見積り・資料請求・ご相談はこちら

03-5312-6174

受付時間10:00~19:00

深夜対応 緊急対応窓口

19:00以降のお問い合わせ

080-5880-6940

080-5880-6940

株式会社プリンツ21 | 〒160-0001東京都新宿区片町4-6 ANYビル6F

トップへ戻る
トップへ戻る